Google主催イベントに、グローバルに情報発信する企業・団体が大集合!

こんにちは、広報の塩谷です!
新しいコーポレートサイトになり、初めての広報ブログ更新です。どうぞ宜しくお願いします。

先日、Googleさんのオフィスで開催された「COOL JAPAN ON Google+ セミナー」にて、経済産業省さんと推進しているプロジェクト『100 Tokyo』について、弊社丸田がプレゼンテーションをさせていただきました。その内容を一部お伝えさせていただきます。

日本から世界に向けて情報発信をする、企業・団体の登場!

Googleさんが主催をするこのセミナーは、日本の魅力を世界に届けるメディアを運営している企業・団体があつまり、そのナレッジを共有するもの。メディア、語学、商品、宿泊施設など、あらゆる分野で海外に向けて活動をしている方々がプレゼンテーションを行いました。

この日登壇されたのは……

動画で日本各地の魅力を紹介するサイト
IS JAPAN COOL?を運営されているANAさん

ana
https://www.ana-cooljapan.com

海外からの訪日観光客を増やすために2012年に作られたこのWebサイトでは、東京、京都、沖縄などを中心に、たくさんの動画で日本の魅力が紹介されています。

原宿発信のカワイイカルチャーや、各地のラーメンなど、海外からも人気の日本のコンテンツが盛りだくさん。

日本中を旅したくなる!そんなサイトです。


外国人向けのゲストハウスを運営されている、Backpackers’s Japanさん

backpackershttp://backpackersjapan.co.jp/blog

2010年、代表の本間さんが24歳のとき「Backpackers’s Japan」は設立されました。ホテルでもない、旅館でもない、気軽に素泊まりが出来るゲストハウスを運営する会社です。

上野からほど近くにあるゲストハウス「toco.」や、蔵前・隅田川の近くにあるゲストハウス兼バーラウンジ「Nui.」を運営されていて、今年秋には京都・河原町にも新たなゲストハウスをオープンされるそうです。

2,000円台で気軽に宿泊することができるゲストハウス。ホテルとはまた違った、近しい距離感で他のお客さんとの交流を楽しめるのが何よりの魅力だそうです。

本間さんは「ひとりのいい人と出会えれば、その旅っていい旅だった。そう言えるんじゃないかと思っています」とおっしゃっていました。

利用者の多くが外国人バックパッカーということで、旅行気分を味わいたい東京住まいの方にとっても、良い宿泊先かもしれないですね。


羽田空港にセレクトショップ・OMISE PARCOを拡大されている、
株式会社パルコさん

parcohttp://www.parco.jp/onceamonth/omiseparco

パルコさんが羽田空港にオープンしたセレクトショップ「OMISE PARCO」では、こんなユニークな日本独自の商品を販売しているそう。

sushi

「回転寿司スーツケースカバー」だそうです。空港のトランクレーンで荷物が流れる様子が、まるで巨大回転寿司のように見えてしまう……というシロモノ。マグロ、サーモン、海老、たまごの4種類があるため、友人とお揃いで持ち歩くのも、面白いかもしれません。


訪日外国人向けウェブマガジン、MATCHAを運営するSen Inc.さん

matchahttp://mcha-jp.com

2014年2月に開設され、国内外から評価を集めている『MATCHA』さん。代表の青木優さんは現在24歳で、個人としても人気のブロガーさんです。これまでに世界中を旅しながら「日本と世界の架け橋となる」というミッションをもって活動されています。

MATCHAは、英語、韓国語、中国語の簡体字・繁体字、インドネシア語で展開されているのですが、他にも「やさしい日本語」という言語設定があるんです。

easy

日本語を勉強中の留学生には、とってもニーズがあるそう。やさしい日本語、という語感もなんだか素敵ですね。


YouTube上で「バイリンガール英会話」を放送されているユーチューバー、
吉田ちかさん

englishhttps://www.youtube.com/user/cyoshida1231

とってもユニークな動画を通して、日常でそのまま使える英語のフレーズを教えてくださる、バイリンガールこと吉田ちかさん。国内外に、14万人の利用ユーザーがいらっしゃるそうです。

人気の秘訣は、ユニークさだけではありません。話題のニュースを取り入れたり、アメリカでのレストランから放送したりと、様々なシーンで「使える」英会話を発信されています。SNSを駆使しながらの情報発信量も、個人運営とは思えぬほど。

この日の様子も、ブログに綴られていました。

日本文化を世界に発信する様々な企業!英語学習にも活用できそう☆|吉田ちか official blog


日本の魅力を再発見するカルチャー誌、Discover Japanさん

discoverhttp://discoverjapan-web.com

海外に行ったとき、「日本の歴史や文化のこと、教えてよ!」と言われて、いざ伝えるのに困ってしまった……。こんな経験をした方は、少なくないかと思います。

雑誌『Discover Japan』は、つい見過ごしがちになっていた、日本ならではの魅力を再発見するカルチャー誌。編集長の高橋さんは、この日も取材で日本中を駆け回っていたそうです。


日本の魅力を写真で発信!『Cool Japan on Google+』プロジェクト

cooljapan
http://www.google.com/campaigns/cooljapan

今回のオーガナイザーであるGoogleさんは、ユーザー参加型のフォトギャラリーサイト『COOL JAPAN on Google+』を運営されています。Google+上でハッシュタグ「#cooljapan」を付けて写真を投稿すると、こんなお洒落なフォトギャラリー上に自分の写真が掲載されるチャンスが。海外ユーザーからの投稿も多く、日本人とはまた異なる風景にフォーカスをされていたりと、様々な気づきのあるサイトです。


東京の魅力的なモノ・場所を世界に発信するWebメディア『100Tokyo』チーム

100tokyohttp://100tokyo.jp

経済産業省さんのクールジャパン・プロジェクトの一環として、東京の魅力的なモノ・場所などを世界に向けて日々発信している、『100 Tokyo(ワンハンドレット トーキョー)』。Webサイト制作、取材、編集などの各方面で、CINRAも運営のお手伝いをさせていただいています。


経産省・クリエイティブ産業課の諸永さんと一緒に、

event01

CINRA・丸田もプレゼンテーションをさせていただきました……!

event02


あらためまして、100Tokyoとは?

2014年3月に開設したこちらのサイト。

東京に遊びに来た外国人観光客の方が「今、本当に面白い東京のスポット」に訪れたり、日本ならではのショッピングを楽しんだり。日本観光の質を高めていただけるよう、Web上のガイドブックとして開設。

英語・日本語の二ヶ国語にて表記しているのですが、英語圏以外のユーザーの方にも直感的に理解していただけるように、文章は短く、写真を多用して興味喚起を促しています。

また、右上のLanguageボタンから、Google Translateの拡張機能を使って、世界中の言語に自動翻訳することも可能です。

language

日本に訪れたとき、泊まったり、食べたり、買ったり、遊んだり……。その全ての体験を、楽しく、上質なものにしていただきたい、という想いで日々選定を繰り返しながら、掲載スポットの取材などを行っています。

開設してから、約5ヶ月。掲載店舗の方から「100 Tokyoを見て、外国人のお客さんが来てくれるようになりました」というご報告をいただくこともしばしば。現在70個の店舗や商品を紹介していますが、今後もコツコツと記事を追加していく予定です。

また、国内外で活躍するクリエイターの方などと一緒に東京をめぐる「Photo tour」というコーナーもあります。先月は、アーティストの清川あさみさんと表参道を巡る記事が公開されました。とても華やかな写真が並んでいますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

asamikiyokawahttp://100tokyo.jp/tour/asami-kiyokawa

海外の方にはもちろん、日本在住の方にも、週末のプチ旅行のお供としてご利用いただければ幸いです。

また、こちらの100 Tokyoシール。CINRAスタッフの多くも、自分のPCに貼付けているのですが……

seal

都内でもいくつかのスポットに設置いただいているので、見つけてみてください!




様々な企業・団体によるプレゼンテーションの後には、交流会が開催されました。

2020年の東京オリンピック開催も控え、これからよりニーズが拡大していくであろう「日本の魅力を紹介する」というミッション。
大きな企業、スタートアップ、そして個人発信。それぞれが、様々な形を取りながらも、こうして1つの場所で集まり、お互いのナレッジなどを共有できるというのも、とても風通しの良い取り組みですよね。

イベントを主催してくださったGoogleのみなさま、素敵な機会をありがとうございました!

Written by:
Back
sp-menu
Language
JP
EN
Social Media
F
T